こんにちは。アイジーエーNASPC事務局です。
—————————————-
「YSこころのクリニック」「アイジーエー出版」では
一緒に働く候補生の募集を開始しました。
————————————–

YSこころのクリニックでは、
2014年2月開院以来5年目を迎えています。

おかげさまで、認知度も高くなってきており、
多くのお問い合わせを頂くようになりました。

より多くの患者様を受入れることができるように
体制を大幅に改善すべく、

佐藤学長のこのクリニックを
一緒にお手伝い頂ける方を「候補生」として募集開始しました。

「候補生」とは、就労の意思がある方で、
準備が整い、必要な時に就労の打診ができる方です。

またアイジーエー出版では、
佐藤学長の「真我」100冊シリーズの発刊をスタートしています。

1年間に100冊を目標にしており、
いよいよ専門家の手助けが必要となっています。

書籍編集やDTPのデザインのできる方、
校正、校閲や進行管理ができる方などを求めています。

ご希望の方は、以下の募集要項を良くご覧になり、
メールにて返信ください。

追ってご連絡致します。
有償、無償を含めた申請順の登録制ですが、
必ずしも登録順による選定ではないことをご了承ください。

———————————
◆YSこころのクリニック◆
———————————

<募集要項>

佐藤学長に焦点を当て、
「医療を通して、真我を拡散する」
ことを最優先にできる方のみの募集です。

それ以外のお金のためやただの
仕事としてなどの考え方を持つ方は対象外となります。

●募集対象1~7の候補生
(登録制で、必要な時に就労の打診ができるかた)

●勤務体制:
常勤、非常勤、アルバイト、

●応募資格:
真我開発講座受講生で、パソコン(ワード、エクセル、メール)を使うことに抵抗のない方

<募集職種>

1.カウンセリング担当
クリニックにて患者さま、ご家族へのカウンセリングを担当

2.真我体道担当
3時間実践カリキュラムとしての真我体道を担当

3.2日間集中カリキュラム担当
クリニックの真我開発講座2日間(1日ではなく2日間)を担当

4.受付担当
院内での来院の患者さま、ご家族、お客さまの受付全般対応、(新規、会計対応、クレジットカード、現金)

5.データ入力担当
「カルテ情報、申込受付票、問診票、心のMRI数値、心理テスト数値」などの紙データをデータベースへ入力する

6.コールセンター担当
おもにインバウンドコールの対応、新規の方、治療中の患者さま、予約受付、新規の受診申込、家族の相談、患者さまの相談、

7.医療事務経験者
医療事務資格保有者、保険診療報酬の電子請求できる方、受付兼務尚可、

<採用条件>

候補生として
ボランティア見習い研修(80時間以上)終了した方、

これからする方実地採用研修期間(アルバイト有給3ヶ月)

———————————
◆アイジーエー出版◆
———————————

<募集職種 (業務委託)>

1.書籍編集者
2.書籍の進行管理
3.DTPデザイナー

<応募資格>
以下のA~Cは必須。

A.応募を希望する各職種での実務経験

B.パソコンやネットが得意な方

C.真我開発講座受講生、
またはサンタ営業プログラムユーザーや、

佐藤康行が講師の講座参加者などであり、
ご自身が真我を広め、実践することが天命使命と思う方

<歓迎するスキル・知識>

・DTP、印刷に関する知識
・校正、校閲のスキル

<勤務地>

東京都中央区八重洲(株式会社アイジーエー出版)
※1と3は在宅での作業も応相談

———————————
◆応募方法◆

各社以下フォームより送信して下さい
———————————

1.名前、住所、電話、受講歴、現職、

2.希望就労時間(00時~00時、00曜日)

3.希望部署、就労カテゴリー
(部署:IGA出版、YSこころのクリニックなど)
(カテゴリー:カウンセラー、受付、DTP、データ入力などの希望)
4.いつから可能かの目安
5.「応募の理由」を200文字以内
6.「自分の強み」「得意な役割」を400字以内

●応募フォーム
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=d929ec40607e0390

<候補生の募集に関するご質問・お問い合わせ先>

心の学校アイジーエー
「佐藤学長直属のスタッフ候補生」募集係

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-4-15 八重洲通ビル6F
TEL 03-5204-1941 FAX 03-5204-1942
メールアドレス: info@shinga.com



大変貴重な音声が出てきました。
今から23年ほど前の音声です。

佐藤康行渾身の音声です

 

 

札幌刑務所での佐藤康行講演会の音声です。

始まる前は、灰色の霧のようなものが見えたといっていました。
しかし、この講演の終了の時にはすっかりその霧も晴れていたといいます。

本日お知らせさせていただいたのは3月のサンプル記事一つのみですが、
NASPC会員にご入会いただきますと、毎日更新されます、

魂が震える最新の学長講話がいつでも聞き放題なのです。

そのほか佐藤康行質疑応答の「目覚めの言葉」
そして「真我の言霊」から重要なキーワードを選出して
紹介しております

こちらも毎日更新です。

入会のお申し込み・お問い合わせ

心の学校アイジーエーまで 03-5204-1941

NASPC会員へご入会お申込みフォームはこちらから ⇒ NASPCご入会フォーム

 



本日はとっておきの音声をお送りしたいと思います。

2000年11月の「天使の光コース」の佐藤康行講話その2です。

10月のサンプル記事で天使の光コース(2000.11.22-23)、
17年前の学長講話を紹介させていただいたのですが、

その音声を聞いた受講生の方からものすごいお電話をいただきました。
———————————–
アイジーエーからの
「月替わりサンプル記事」のメール、

天使の光(2000.11.22-23)の
音声を聞きました。

もの凄く感動して、
この気持ちを誰かに伝えたくて電話しました。

(中略)

NASPCの良さも今まで分かっていなかった。
自分の器の小ささに気が付きました。

本当に学長は凄い、
学長のおっしゃる通りで感動いたしました。

学長に伝えてください、
一生ついて行きます。
———————————–

今から17年前の音声ですが、今聞くと、いかに佐藤康行が言っている事が変わっていないかが良くわかる音声です。
じっくりとお聞きいただきたいと内容となっています。
大好評でございましたので、今月12月は天使の光の講話その2を聞いていただきたいと思います。

本日お知らせさせていただいたのは12月のサンプル記事一つのみですが、
「天使の光コース」の講話も1~8までございます。

NASPC会員にご入会いただきますと、天使の光コースの講話も全部、
さらに毎日更新されます、魂が震える最新の学長講話がいつでも聞き放題なのです。

そのほか佐藤康行質疑応答の「目覚めの言葉」
そして「真我の言霊」から重要なキーワードを選出して
紹介しております

こちらも毎日更新です。

入会のお申し込み・お問い合わせ

心の学校アイジーエーまで 03-5204-1941

NASPC会員へご入会お申込みフォームはこちらから ⇒ NASPCご入会フォーム




本日お知らせさせていただいたのはサンプル記事一つのみですが、
「無限にお金を生み出す満月の法則」の講話も1~3までございます。

NASPC会員にご入会いただきますと1~3だけではなく
毎日更新されます、
魂が震える最新の学長講話がいつでも聞き放題なのです。

そのほか佐藤康行質疑応答の「目覚めの言葉」
そして「真我の言霊」から重要なキーワードを選出して
紹介しております

こちらも毎日更新です。

入会のお申し込み・お問い合わせ

心の学校アイジーエーまで 03-5204-1941

NASPC会員へご入会お申込みフォームはこちらから ⇒ NASPCご入会フォーム



本日はとっておきの音声をお送りしたいと思います。

2000年11月の「天使の光コース」の佐藤康行講話です。

今から17年前の音声ですが、今聞くと、いかに佐藤康行が言っている事が変わっていないかが良くわかる音声です。
じっくりとお聞きいただきたいと内容となっています。

==========

本日お知らせさせていただいたのは10月のサンプル記事一つのみですが、
「天使の光コース」の講話も1~8までございます。

NASPC会員にご入会いただきますと、天使の光コースの講話も全部、
さらに毎日更新されます、魂が震える最新の学長講話がいつでも聞き放題なのです。

そのほか佐藤康行質疑応答の「目覚めの言葉」
そして「真我の言霊」から重要なキーワードを選出して
紹介しております

こちらも毎日更新です。

入会のお申し込み・お問い合わせ

心の学校アイジーエーまで 03-5204-1941

NASPC会員へご入会お申込みフォームはこちらから ⇒ NASPCご入会フォーム



———————————————————
本日お知らせさせていただいたのは9月のサンプル記事一つのみですが、

NASPC会員にご入会いただきますと、毎日更新されます、
魂が震える最新の学長講話がいつでも聞き放題なのです。

さらに佐藤康行質疑応答の「目覚めの言葉」
そして「真我の言霊」から重要なキーワードを選出して
紹介しております

こちらも毎日更新です。

入会のお申し込み・お問い合わせ

心の学校アイジーエーまで 03-5204-1941

NASPC会員へご入会お申込みフォームはこちらから ⇒ NASPCご入会フォーム



1993年2月に、現在の「宇宙無限力開発講座」の第1回目が開催されました。
当時は「魂の開発講座・上級編」として開催されています。

 

今日はその記念すべき第1回目の講話をお届けいたします。
今から24年前の音声ですが、すでに完璧に出来上がっていたという事がお分かりになる音声です。

少し長めですが、是非、置き聞ください

 

 

———————————————————
本日お知らせさせていただいたのは8月のサンプル記事一つのみですが、

NASPC会員にご入会いただきますと、このような魂が震える学長講話が
「毎日」更新されています。それがいつでも聞き放題なのです。

さらに佐藤康行質疑応答の「目覚めの言葉」
そして「真我の言霊」から重要なキーワードを選出して
紹介しております

こちらも毎日更新です。

入会のお申し込み・お問い合わせ

心の学校アイジーエーまで 03-5204-1941

NASPC会員へご入会お申込みフォームはこちらから ⇒ NASPCご入会フォーム



今日は「満月の法則とお金」というテーマでやっていきたいと思います。満月の法則でお金にあれすると、どういう解き方になるのか、ちょっと絞って研究会、そうすると真我真理研究会と満月ミリオンのと、両方いっぺんにできると思いますんで。絞って皆さんも質問をどんどんしてください。

ここにあなたがいます。ここに満月があります。お月様は常に真ん丸でしょう? 私たちの三日月に見えるのは認識の世界です。私たちの目に見える部分だけ目に飛び込んできて、そしてその見える部分だけをそのものだと思っちゃうところがあります。お月さんの光って見える所だけをお月さんだと思っちゃうわけ。

認識ですから、物事の捉え方は。お金というのは、どのようにしてあなたのもとに寄ってくるのかということです。今、岡田耕一さんが、私の留守電を聞いただけで、いきなり300坪の土地を継いでくれと。何なんだろう、これ。そして、いきなり日本一の家電メーカーで日本一の売上を上げた。何なんだろうということです。そのような仕組みを今からお話しします。

もし、そのように自由自在にできたら素晴らしいでしょう? まず、口で言います。三日月を見て、そのものだと思わない。三日月をお金と捉えてみてください。お金。

皆さん、お月様は真ん丸。ロケットに乗って近づいていけばいくほど大きくなります。最初はこのような、もっともっとこんな小っちゃい月に見えるけど、近づけば近づくほど大きくバカでかい月が見えてきます。ロケットで近づくと、ブワーッと大きくなるでしょう? 遠く離れると5円玉の中に入るぐらいの月です。近づいたら。

でも、お月さんは大きくなったわけじゃないわけ。近くから見たら、大きく見えるだけで。どの距離でも、その月そのものなわけ。

三日月をお金だと捉えた時に、この大きな満月、大満月が相手の真我、愛そのもの。言うならば、それを営業に例えるなら、その満月を満たしていく、どんどん大きくする。これは、例えば商品の価値だと思ってください。商品だとか。

要するに、商品の価値がどんどん大きくなってきた時に、相対的に三日月が小さくなるわけ。相対的に。要するに、お金の価値が小さくなるわけ。

例えば、100万円の札束があるでしょう? そして、何かの商品を買うという時に、その100万円の札束よりも商品がはるかにはるかに大きな価値を感じる。大きな月になる。

例えば、何億円の価値ぐらいのものに、もし見えてきたとしたら、相対的にそのお金の価値が下がるでしょう? お金の価値が下がると、当然人間というのは、より価値あるものに代価を払いたいと思うわけ。その時に物が売れるわけです。物が売れると売上になり、そして無駄な経費を省けば利益になる。

どんどんその価値を上げるために近づいていく、お客様に。そして、その価値を伝えていく。そして、その価値が上がっていく。そのための研究であり、そのための開発であり、そのための営業であり、ということなの。

これがどんどん、どんどん大きくなると、相対的にこの三日月は小さくなってくる。お月さんが小さくなってくる。三日月ってのは、お金の価値が下がってくる。その代わり、商品の価値が上がってくる、サービスが大きくなってくる。どんどん大きくなってくる。大きくなればなるほど、そのものに価値を感じますから、当然そこにお金を出したくなる。お金と交換したくなるということです。

ここでいうサンタ営業、どんどんサンタさんになって、大きなお客さんの満足を得る。大きな価値を伝えていくようになればなるほど、お客さんが持っているお金で、これと交換しようと思えてくる。それが、見える所、見えない所で現れてくる。

もちろん、見える部分で自分があげたサービス分だけ出してくる。でも、それだけじゃありません。見えない何かのエネルギーがあるわけ。

例えば、エネルギーってのは、見えるものとして、しかめっ面する人から物を買うよりも、ニコッとしてくれる人のほうがいいでしょう? 簡単に言うと、分かりやすく言うと。それも含めたあらゆる部分があるわけ。相手がそういう気になるようなエネルギーがあるわけ。

それが、この価値をどんどん高めていくことによって、この価値がどんどん高まって、相対的にこの価値が下がっていく。そうしたら、交換したくなるということです。この原理です。

だから、この満月をもっともっとバカでかい満月にしていけばいいです。あなたが商売を成功させたかったら。お金が欲しかったら。だって、相手だってお金が欲しいんですよ。自分だけじゃないんです。大事な金を払うんですから。大事な金を払うんだから、より価値ある物なら払う気になってくるわけ。だから、その価値を高めていく。

要するに、近づいたら月は大きくなる。近づくというのは、お客さんにその価値を伝えるということです。それが近づくということ。そして、その価値を感じた時に、商品は売れる。どうですか? ここまで。お分かりになったかどうか、また質問でもいいですから、ここまでで質問を受けたいと思います。

でも皆さん、ただ分かっただけじゃなくて、本当にそれを実践したら、皆さん、大金持ちになる可能性があるんですよ。だから、真剣になってこの時間はぜひ受け止めてください。はい、どうぞ。

———————————————————
本日お知らせさせていただいたのは7月のサンプル記事一つのみですが、

NASPC会員にご入会いただきますと、このような魂が震える学長講話が
「毎日」更新されています。それがいつでも聞き放題なのです。

さらに佐藤康行質疑応答の「目覚めの言葉」
そして「真我の言霊」から重要なキーワードを選出して
紹介しております

こちらも毎日更新です。

入会のお申し込み・お問い合わせ

心の学校アイジーエーまで 03-5204-1941

NASPC会員へご入会お申込みフォームはこちらから ⇒ NASPCご入会フォーム



このコーナーでは、会員限定コンテンツから毎月月替わりで「まるごと」サンプルとして掲載いたします
今月は佐藤康行の質疑応答「目覚めの言葉」6月12日更新分を紹介させていただきます。

*********************

(質問)
先日、兄にかぶせてしまいました。
兄は宗教と思ったようで、拒絶反応をしました。
今さらなのですが、どうしたらいいのでしょうか?

 

心の専門家 佐藤康行

 

即改善することです!
お兄さんの素晴らしい所を見つけて、それを文章にしてみたらどうでしょうか
文章だったら何回でも読み直しができるし。

言い方を間違えたことが分かるってことは、本当は分かっているはずなんだから、あなたが書いたものをよーく何回も精査してみてください。

 

すぐ行動したっていいんですよ。
「あ、ごめん、ごめん」と言ったっていいんだから。

 

自分の訓練だとも思ったらいいですよ
自分がこう言って誤解される、そういうあれがあるんだなと。
誤解されないようにきちっと伝える訓練してると思えばいいわけ。
そうすると、結構続けれると思います。

 



このコーナーでは、会員限定コンテンツから毎月月替わりで「まるごと」サンプルとして掲載いたします
*********************

今回は、4月に公開された佐藤学長の最新音声からご紹介させていただきます

私にとって一番の理解者は、このように回復して、元気になって活躍してもらう。そうなって初めて、私の理解者だと受け止めています。頭で理解することじゃない。今の大沢さんも体で、全身で、家族で証明してみせたわけ。証明が全てです。そのように思っています。

そのメカニズムを、世の中になかったものですから、普通の一般の頭で捉えるから、理解してもらうまで、相当時間がかかりました。

まず、心というのはどういうものなのか。どのようにしたら、それが改善できるのかということです。簡単に、なるべくシンプルに言います。私たちの心を今、世の中、戦争が起きるんじゃないかとか。あれは全部、人間が起こしてることなの。

簡単に言うと、相手を責めるか、自分を責めるか。相手を責めることをやればケンカになるし、戦争になる。自分を責めるとうつ病になったり精神疾患になったりする。それを今まで努力と言っていました。頑張って努力する。頑張って相手をやっつける。頑張っても成果出ない自分を責める。「俺は駄目だ、私は駄目だ」と。駄目だ、駄目だ。

そこから上の人に、親も含め、上司に「おまえは駄目だ」と。自分で駄目だと言ってるのに、上から「駄目だ」と言われたら、そっからまた押すみたいなものです、グッと。

それが、もし環境だったら、会社だったら辞めたりすることはできるけど、学校だったらなかなか簡単に子供がやめたりできないでしょう? それが不登校になったり、引きこもりになったりする。家庭だったら、家庭が親だったら、さらに簡単に家出なんかできないです。

自分を責めるか、相手を責めるか。どちらもよくないですね。相手を責めてばっかりいたら、当然相手から責め返されます。まもなく敵を討たれます、遠からず。そうすると、またそのことによって自分を責めるかもしれない。相手をまた、やっつけちゃうかもしれない。どちらの道を取っても、苦しい道です。

第3の道があるんだろうか。どちらでもない。当然ここでは、それがあるから成り立ってるわけ。私は医者じゃありません。医者は先ほど紹介しましたけど。医者じゃないから逆に、今までの常識を全部取っ払った部分でできるのかもしれない。

私は人間の心を扱って30年になります。本も150冊ぐらい出してます。今まで、うつだけじゃなくて、統合失調症とか、いろんな心の病。目の前で寛解していくのを見てきました。私が医者じゃないんだけど、それをやらなきゃおかしいとさえ思えるようになってきました。

人間、自分という。「私」って自己紹介する。「私はこんな人間です」と。何十年も付き合ってる自分です。「私はこんな人間です」と本当に言えるかどうか。どうですか? 皆さん。「私はこんな人間です」と毎日毎日、365日、何十年も付き合ってる自分です。私はこんな人間です。難しいね。

ましてや他人、「あなたはこんな人間だ」と言えますかね? 「こんなことをやったことある人間だ」ということは言えるかもしれない。「こんなことを言ったことある」と言えるかもしれない。でも、「あなたはこんな人間だ」なんて言えないです。

何十年もこれから生きていくのに、自分と付き合わなきゃいけないわけ。自分というものと何十年も、一生涯付き合わなきゃいけない。結婚したり子供ができたら、その人と何十年も付き合わなきゃいけない。否が応でも。ましてや子供だったら、親とはずうっと何十年も付き合わなきゃいけないわけです。

ですから、自分というものはいったい何なのか。人間とは何なのかということを根本的に知る必要があると思う。

その前に、先ほど、「自分を責めるか、相手を責めるか」。自分に矢を指すか、相手に矢を指すか。どちらもよくない。簡単に言うと、この矢を矢じゃなくて栄養ドリンクにしたらどうなるでしょう。自分が飲んだら自分が元気になる。相手に飲ませたら、相手は片っ端から元気になる。

なるべく分かりやすく言うなら、この矢を矢じゃなくて栄養ドリンクにすると。そんなこと、できるのか。それをやっているんです、ここでは。

先ほどの数字があるでしょう? 寛解率が90.9%。再発率はほとんどゼロに近い。だって、再発するってのは、環境が変わってないから再発するんですよ。環境が変わって、周りをどんどん変えていって、周りを元気にさせていって、自分も元気になっていったら、もう再発しないわけです。再発するってのは、薬だけで抑えてる証拠でもあるわけ。

毎日毎日、人に喜ばれて自分が喜び、幸せに元気にやってたら、再発するわけがないわけ。できることなら、自分の変化だけじゃなくて、周りまで変えちゃった。

問題が起きるのは、原因と結果とあるでしょう? 原因があるわけです。それが結果として現れる。こういう病気になる原因がある。だから、結果として現れる。癌になる原因がある。だから、癌になった。うつ病になる原因がある。だから、うつ病になった。

その原因ってのは、根本的な原因と環境原因ってのがある。根本原因ってのは、オギャッと生まれた時、まず一つはDNAがありますね。それから、お父さん、お母さんの育てられ方、そして兄弟との付き合い。そういう環境が待ってるわけ。その環境が根本的な原因になって、それは社会に出てとか、人との交わりの中で、その環境によってそれが現れたりするわけです。

その環境。根本的な原因と環境的な原因。原因と結果を、もし同時に変えることができたら寛解していくわけ。治っていくわけ。

皆さん、私が出てくる時、初めての方は、左半身が麻痺なのを見ましたね。今から13年前に倒れた。うちのおふくろが脳出血で倒れて死んじゃった。私も同じDNAを持ってたわけ。だから、ご多分に漏れず、倒れたわけ。おふくろは即死でした。私はそれからまだ13年間、今は元気で生きてます。

でも、「麻痺が治ったら幸せになる」という発想だったら、治らなきゃ不幸だってことになります。医者は「もう治らない」と言ってるんです。でも、それと幸せとは何の関係もない話。何の関係もない。私が自分で証明してます。毎日毎日、私は幸せで幸せでしょうがないです。「しょうがない」ってのは、おかしいけどね。

今、私は66歳ですけど、ちなみについ最近、健康診断したら、血液検査は100点満点と言われました。血管年齢は左、麻痺してるほうが43歳だって。右のほうは、なんと26歳だと言われました。どうなっちゃうんだろう。若返っていく感じ。本当ですよ、これ。左と右は違うんだね。

皆さんね、自分というものを知って、自分の扱い方を知ったら、素晴らしい人生を送れますよ。ここでは単に病気を治すだけじゃなくて、本当の自分を知る大切さ。そのことに本当に出会っていただくわけです。

世界四大聖人もみんな、自分を知ることの大切さを説いています。世界四大聖人の孔子って方は「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」と言ってます。自分の生きる本当の目的、本当の自分を知ったら、今晩死んでもいいんだと。「迷いながら長く生きるなら、悟って早く死んだほうがまだましだ」と、簡単に言うと。本当の自分を知ることの大切さを言ってます。

キリストは「たとえ全世界をこの手に入れようと、魂を失えば、何の甲斐あらん」と。本当の自分を知る。それを失ったら、一番不幸ですよ。

お釈迦さんも「何妙法蓮華経」も「南無阿弥陀仏」も、あれはどういう意味かというと、「本当の自分を知りたい、知りたい」と言ってるんです。「南無阿弥陀仏」は即身成仏って、この身このままで仏であることを悟るってこと。

「何妙法蓮華経」は、泥沼の中のハスの花。ハスの花は真我だと思ってください。泥沼は私たちが今まで積み重ねた心だと思って。全部、本当の自分を知れば解決する話なの。その本当の自分を知れば、今の戦争問題も全部解決します